初めてJUMPのアルバムを聴きました

 

初めてはてぶろを書いてからどのくらい経ったのか分からないし、久しぶりに書こうと思ったらまさかの嵐の話ではないです。

 

友人に素敵なお誘いをいただいたので、お勉強しなければと、JUMPの「DEAR.」を借りてずっと聞いています。

 

DEAR.(初回限定盤2)(2CD)

DEAR.(初回限定盤2)(2CD)

 

 

友人から借りたのは、ユニット曲が収録されている初回限定盤2です。実はジャニーズにおけるユニット曲をちゃんと聴くのはこれが初めて。(NEWSのこやしげは少しだけ聞いたことがある)

 

JUMPのシングル曲はテレビでよく見ていますが、アルバムを手にしたのが初めてなので、普段嵐ばかり聞いている私がJUMPのアルバムを聴いた記念に、音楽的センス皆無ですが感想を書いてみようと思います。(あくまでも超個人的な感想!)

 

1.Invitation

 突然女性の声がして驚いたけど、いつの間にか次の曲に繋がっていて、まんまとInvitationされました。

 

2.Masquerade

 これがリード曲なのかな?MVをちらっと見たことがある気がします…。シングル曲のときはあまり思わなかったけれど、みんな色気のある歌い方をするんですね。怪しい雰囲気の歌詞や曲調がなんともいえない。

 

3.RUN de Boo!

 しきりに聞こえる「ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!」の少し遊んでいる感じがとても可愛いし、途中聞こえる野太い声は誰なのか気になります…。(♪好きなことをイメージして~)JUMPくんたちの印象通りな曲。

 

4.ドリームマスター

 やっと日本語のタイトルきた。ジャニーズってこういう曲好きですよね。疾走感あふれるような感じ。ダンス曲っぽい。応援ソングのような感じでしたが「♪前だけ向いても躓いちゃうよ」って新しい!あと、有岡くんのソロが多くて、急にくる甘い声が印象的。

 

5.B.A.B.Y

 ♪びーまい びーまい びーまいべいべっ♪ 女の子に振り回されるJUMPくんたちという物語が見えました。山田くんの声なのかな?「♪こんな切ない恋ならやめたいのに」がとても好きです。あと、Oh my got と歌っているところが歌詞を見ると「OMG」と記載されているのが何とも若い…。(うちの最年長だったら読むことが難しそうです)

 

6.キミアトラクション

 テレビで見たぞ~!というイメージしかなかったんですけど、いざイヤフォンで聞くとメンバーそれぞれが語りかける「君がナンバーワン♡」ってすごく恥ずかしいですね?外で聴いていると、周りの人に聞こえているわけないのに勝手に恥ずかしくなっています。とどめはやっぱり山田くんなんですね。さすが王子様。でもラストの知念くんがとても可愛い。

 

7.Special Love

 7曲目まできたけれど、ずっとアップテンポ!元気だなあ~!サビの「Special Love!」のコールのところがライブでやったら楽しそうだなという印象。あと、「♪きみにしか出来ないことがきっとある」がスーパーデリケートの歌詞と少しリンクしたけれど関係はなさそう…。

 

8.Dear.

 やっとバラードが来ました。アルバムと同じタイトルの曲って珍しいですね。ここにきてバラードであることや、アルバムと同じタイトルという点でこの曲を聞かせにきているのかなと思いました。特にサビの出だしの歌詞が好きです。この曲も有岡くんの甘い声が素敵でした。センチメンタルな秋冬にぴったり。

 

9.Eteral

 どこかで聞いたことがあると思ったらCMの曲だったんですね。歌詞にプリンセスと入っているところがとてもJUMPくんらしい、スマートで紳士な印象があります。(ここにもDearと入っていて、抜かりない!)

 

10.SUPERMAN

 このイケイケな曲調に合わせてスーパーマンが登場するのかと思うと、ライブで歌うJUMPくんたちはもう飛んでますね。私の脳内では完全にマントを飛びながら歌っています。(ふざけてはいない)完全なる応援ソングとまではいかないけれど、勇気がもらえそうな一曲。

 

11.order

 私はこの曲が一番好きです!「♪ぶぎの~ん ぶぎぶぎの~ん」から始まったときはふざけた曲かと思ったけれど笑、メンバーの色気ある声がまた良いですね。サビに入る前の「♪てれーーーん(上手く言い表せない)」が宇多田ヒカルさんの「kiss&cry」にも入っている音と似ていて印象的でした。サビに入るまでは少し攻めた曲調なのにサビはとても聞きやすい曲調に変わるので、そのギャップが頭に残りやすかったです。気に入ってからは、この曲から聞いてしまうほど好きです。

 

12.Tasty U

 サビのウィスパー感!軽い感じかと思いきや、意外と歌詞が重たい…。「♪How many jelousy」から始まり、「まやかしはもういらない愛して」と…。嵐も重たい引きずるタイプの曲を歌うことが多いですが(今の時期なら「あの日のメリークリスマス」がおすすめです)、この曲も良い勝負だと思います。

 

13.スローモーション

 これも頭に残る曲。同じ言葉を繰り返すと頭から離れないですね。そして、スタンダードな爽やかソング。JUMPくんって、可愛いか大人っぽい曲を歌っているイメージが強いので、こんなに爽やかな曲を聞いたのは初めてに近いです。(本当に無知!)

 

14.愛のシュビドゥバ

 可愛いの一言に尽きる!もはやタイトルから可愛いですね。なんとなくですが、知念くんが得意そうなナンバー。すごくぶりっこして歌っていそうです。でも、知念くんが歌ったらなんでも可愛いんじゃないかな…。

 

15.KISS Diary

 歌詞を見るに、この曲の世界観では時期的にはちょうど今なのでは。一見、未来の約束をしている幸せなカップルかと思いきや、すれ違いを感じている男の子なのでしょうか。女の子の気持ちは一切書かれていないので、「♪どうか同じ思いでいて」と不安に感じている男の子…。意外とこの曲も重たい気がします。

 

16.Brand New World

 申し訳ないことに、サビのソロパートが聞き分けられない!でも「♪まだまだ知らない広い世界 僕らを待っているよ」はこれから飛躍しようとするJUMPくんたちを表しているようで、ラストにふさわしい曲だなあと感じました。

 

ユニット曲は最初の2人のあまりにも衝撃的すぎる曲に気を取られてしまったので、手短に…。

1.今夜貴方を口説きます

3.僕とけいと

 この2曲は、ただただユニットの仲良しなところが伝わってくる曲でした。さぞかし、レコーディングなど制作時は楽しかっただろうなと思いました笑。

 

2.Mr.Flawless

4.My Girl

 あまりにも衝撃的すぎる曲たちのあとだったので、王道にも聞こえる、安心させてくれる楽曲でした笑。二枚目なユニット曲。

 

 

以上で超個人的な感想を切り上げたいと思います!長々と書きました!

総じて、JUMPのアルバムは生粋のアイドルソングが多いのだと感じました。オシャレなんですよね。かっこいい曲だらけ!(今回に限りなのかもしれないですね。)最近の嵐のアルバムはかなりテーマが絞られた楽曲が多かったので、JUMPくんたちの王道な感じが新鮮でした。

あと、メンバーの多数がかなり甘い歌声だったことが発見でした!癒されますね。若いなあ…。特に有岡くん!普段の声からは想像できませんでした笑。シングルでは見いだせなかった魅力です!アルバムを貸してくれた友人にも感謝~