大人になっていたJUMP

 

初めてはてぶろを書いてからどのくらい経ったのか分からないけれど、久しぶりに書こうと思ったらまさかの嵐の話ではないとは。二回目の投稿はJUMPのお話。最近、JUMPファン(兼嵐ファン)の友人に素敵なお誘いをいただいたので、お勉強するために「DEAR.」を借りてずっと聞いています。

 

DEAR.(初回限定盤2)(2CD)

DEAR.(初回限定盤2)(2CD)

 

 

友人から借りたのは、ユニット曲が収録されている初回限定盤2。

JUMPのシングル曲はテレビでよく見ていますが、アルバムを手にしたのが初めてなので、普段嵐ばかり聞いている私がJUMPのアルバムを聞いた記念に、音楽的センス皆無ですが、超個人的なイメージとともに感想を書いてみようと思います。

 

1.Invitation

 突然女性の声がして驚いたけど、世界観がオシャレなことがすでに分かる。大人になったね、JUMPくん。

 

2.Masquerade

 リード曲。シングル曲のときはあまり思わなかったけれど、いつの間にかJUMPはこんなに色気のある歌い方をするようになったのか。高木君の「♪踊ろうTonight」が最高。あと、この曲の怪しい雰囲気やきらびやかな感じは、きっとヲタクが大好物なやつ。私も大好き。ミュージックビデオが見たかった。

 

3.RUN de Boo!

 すごく可愛い。ライブでのC&Rが楽しそう。「♪ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!」の少し遊んでいる感じが若々しさを醸し出していると思う。ちなみに、途中聞こえる野太い声は有岡君ですか。声がちょっと裕翔くんと迷った。

 

4.ドリームマスター

 疾走感溢れるダンス曲っぽい。応援ソングのような感じでしたが「♪前だけ向いても躓いちゃうよ」っていう歌詞が好きです。「ドリームマスター」を繰り返しているのでだいぶ頭に残りました。

 

5.B.A.B.Y

 ♪びーまい びーまい びーまいべいべっ♪ 

「ドリームマスター」の余韻に浸る間もなく繰り返される「♪びーまい びーまい びーまいべいべっ」。さっきまで頭に残っていたドリームマスターが消えました。

この曲の中で、好きな女の子に振り回される男の子のストーリーを勝手に思い浮かべてしまった。全体的に甘い声のじゃんぷくん達ですが、特に印象的だったのは有岡君。さっきまでふざけてたのにずるい声だと思う。面白かったのは、「♪Oh my got」 と歌っているところが歌詞カードを見ると「OMG」と記載されている所です。こんなところで平成を感じるとは。

 

6.キミアトラクション

 テレビで見たことがありますが、いざイヤフォンで聞くと照れる。メンバーそれぞれが「君がナンバーワン♡」って歌っているところは特に照れる。外で聴いていると、周りの人に聞こえているわけないのに、「この甘い声が聞こえているんじゃないか。」と勝手に照れてしまう。やっぱり、山田君の「君がナンバーワン」は周りがどんなにうるさくても耳を澄まして聞き取ろうとしてしまいます。彼はどうやってこのセリフを言ったらファンが喜ぶのか、一番分かっているんだろうなあ。そして、最後の知念君は、テレビで見た時にあざとく笑っていたのが可愛いかったのを覚えています。最後を飾るに相応しいあざとさでした。さすが知念君。しかし、よくよく考えると、好きな女の子を人気アトラクションに例えているのって新しいし面白い。

 

7.Special Love

 7曲目まできたけれど、ずっとアップテンポ!じゃんぷくん達元気!サビの「Special Love!」のコールのところがライブでやったら楽しそうだなという印象。

 

8.Dear.

 やっとバラードが来ました。タイトルのDearに続くその先はファンなのかなと考えたり。歌いだしが山田君であることに納得。少し切ない歌詞も曲調にぴったりで、今君はここにはいないけど、この先の未来では繋がっているよ(個人的解釈)、という純粋な歌詞が希望に溢れていて好きです。最後の山田君の高音がすごいきれい。

 

9.Eteral

 どこかで聞いたことがあると思ったらCMの曲でした。スーツを着た彼らが目に浮かぶ。歌詞にプリンセスと入っているところが、スマートで紳士なイメージのJUMPくんたちにぴったり。あと、嵐の「One love」とイントロが少し似ているような気がしました。アイドルの王道ソング。

 

10.SUPERMAN

 さっきまでとは打って変わって、イケイケなカッコいい曲。アルバムの中でのメリハリがすごい。ウィスパーボイスもさりげなく入っていて良かったです。私はJUMPのメンバーに対して王子様のようなイメージがあったけれど、こういうワイルドなイメージも意外と合っているなと気づいた一曲。

 

11.order

 私はこの曲が一番好きです!有岡君のウィスパーな「♪ぶぎの~ん ぶぎぶぎの~ん」からの高木君のセクシーな歌声がとても良いバトンパスだと思いました。他のメンバーの色気ある声が素敵。サビに入るまでは少し攻めた曲調なのにサビはとてもキャッチ―で、そのギャップが頭に残りやすいのかも。気に入ってからは、この曲から聞いてしまうほどで、思わずこのCDを貸してくれた友人に感想を送りました。

 

12.Tasty U

 「まやかしはもういらない愛して」という、重たくて依存感のある歌詞が印象的でした。夜という言葉がちりばめられているこのアルバムの中で一番オトナな一曲。こういうワンナイトっぽい歌詞ってすごくジャニヲタ好きじゃない?と勝手に思ったのですが私だけかな。

 

13.スローモーション

 爽やか好青年!という印象の曲。知念君のソロが特に好きです。あと

  想像よりも難しい毎日にぶつかって たまに空見上げて

  文句のひとつも言ってやりたくなるけど

  ひとつひとつ乗り越えてその先に見えた景色が綺麗すぎるから

  やっぱりアリガトって気づけば言ってたんだ

という歌詞が、JUMPというグループのことを表しているようにも感じて、王道アイドルの道を進んできた彼らの隠された苦悩を垣間見たような気持ちになりました。この曲も聞き込んだら好きになりそう。

 

14.愛のシュビドゥバ

 可愛いの一言に尽きる!タイトルがすでに可愛い。女性アイドルが歌っていても違和感ないと思う。なんとなくですが、ライブでは白い羽付きの衣裳をきて歌って踊っていそうです。思い切りぶりっこしてほしい。

 

15.KISS Diary

 歌詞を見るに、この曲の世界観では時期的にはちょうど今なのでは。一見、未来の約束をしている幸せなカップルかと思いきや、すれ違いを感じている男の子のようにも感じて切ない。女の子の気持ちは一切書かれていないので、「♪どうか同じ思いでいて」という男の子の不安げな気持ちがよりいっそう切なさを増している気がします。

 

16.Brand New World

 申し訳ないことに、サビのソロパートが聞き分けられない!でも「♪まだまだ知らない広い世界 僕らを待っているよ」はこれから飛躍しようとするJUMPを表しているようで、ラストにふさわしい曲だなあと感じました。

 

王道可愛いアイドルのイメージだけじゃなく、オトナな男のイメージどちらも兼ね備えているJUMPに驚きました。でもそれ以上に驚いたのはユニット曲。

 

1.今夜貴方を口説きます

 この曲をユニット曲の一番目に出してくるあたり、遊んでいるなあと感じました笑 なんのコンビだろうと思ったけど、らじらーか。C&Rになるであろう「ゴシゴシ私はスポンジでぇ~~~す」って、、、ファンに何言わせてるんだ!という気持ちになりましたが、たぶんあざとい可愛い伊野尾君や八乙女君だから許されるおふざけなのかなと思いました。

 

2.Mr.Flawless

 高木君のセクシーな声から始まり、思わずドキッとしてしまいました。長身三人組がこの曲を歌うなんて画が美しすぎる。

 

3.僕とけいと

 ただただふたりの仲の良さが伝わってくる曲でした。キャンディー持ってお散歩とかしてそう。

 

4.My Girl

 このコンビって山田君がいつも有岡君に突っ込んでる、面白コンビのイメージだったのですが、歌うとまあ素敵。透き通るような2人の声が相性抜群で良かったです。これは意外だった。

 

 

以上で超個人的な感想を切り上げたいと思います!長々と書きました!

総じて、JUMPのアルバムは生粋のアイドルソングが多いと感じました。オシャレなんですよね。かっこいい曲だらけ!最近の嵐のアルバムはかなりテーマが絞られた楽曲が多かったので、王道な楽曲が新鮮に感じました。10周年を目前にして、二十代後半のメンバーもいる中、王道アイドルソングを歌ってもフレッシュに感じるのは、キラキラしつつ、そう見せてくれる大人のJUMPの魅力の一つなのだと思いました。大人になったHey!Say!JUMPにとって素敵な10周年になりますように。